top of page
  • 執筆者の写真金本 淳

人を動かすマル秘テクニック


(サグラダファミリア バルセロナ)

皆様に幸運が訪れますように!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

心動かす企業経営 vol.452

=================


<人を動かすマル秘テクニック>



おはようございます。


フェリーゼス経営支援事務所の

金本淳(かねもとあつし)です。




突然ですが、

こんなことはありませんか?



従業員のAさん、全然、

あなたに報連相してきません!


あなたが、何度注意しても

一向に改善する気配もありません。


そのうちあなたも嫌気がさし、

注意する気も失せ、

結局、諦めてしまっています・・・




「従業員の人たちがなかなか

自分が思うように動いてくれない・・」


こういったことでお悩みの経営者さんは

結構多いのではないかと思います。



こんな時、

どうすればいいのでしょうか?




先ず、本題に入る前に

普段の私たちの思考のクセについて

少し考えてみたいと思います。



上のようなケースの場合、

私たちの思考はこんな風に

なっているのではないでしょうか?



従業員のAさんは、報連相してこない

それはなぜか?

⇒だらしがないから、やる気がないから


では、

だらしがない、やる気がない

と思うのはなぜか?

⇒報連相してこないから


報連相してこないのはなぜか?

⇒だらしがないから・・・



というような感じで、堂々巡りして

終わってしまう。


こんなことが多いのでは

ないでしょうか?



そして、結局


『やる気がないからできない!』

『意識が低いからやらない!』

『危機感がないから動かない!

と諦めモードに入ってしまう。



こんな風に私たちは

人が思うように動かない原因を

個人の

『内面』=『人間性・性格・意識・やる気』

に求めてしまいがちなことが多いのでは

ないかと思います。



でも、少し冷静に考えてみてください。


一方でこういうことは

ありませんでしょうか?



先程のAさん、

社長のあなたには報連相をしてこない。


ところが、社員の方達に聞いてみると

どうやら先輩のBさんには、いつも

報連相をしているようなのです。



なぜ、こういうことが起こるのでしょうか?




先程、Aさんが報連相しないのは、

Aさんの『内面』

=『人間性・性格・意識・やる気』

に問題があるからだ

という結論づけをしました。


でも、もしAさんの内面に問題が

あるのであれば

なぜ先輩のBさんには、いつも

報連相をして色々相談を

しているのでしょう?



Aさんは同じ人間です。


同じ人間の『内面』『資質』は

そう変わらないはずです。


Aさんが本当に

『だらしがない』

『意識が低い』

のであれば、Bさんにも報連相

しないはずです。



ということは、Aさんの

内面や資質は報連相をしない

原因ではないということになります。

つまり


Aさんがあなたに報連相をしない

ということには、内面ではなく

何か別の理由があるということになります。




さあ、ではその理由は一体

何なのでしょうか?


そして、Aさんがあなたに

報連相をするようになるには

どうすればいいのでしょうか?




人の行動が変わる!


そのヒントとして、こういう面白い

考え方があります。


それは人が『行動』するきっかけと

原因に着目することです。



人が行動するには、

何かの『きっかけ』がある。


そして、その『きっかけ』により

『行動』すると『結果』として

以下の4つのパターンのどれかが

生まれる。


さらに、『結果』のパターンに応じて

次にとる『行動』が変わってくる

ということ。



<パターン1>

行動した結果、好ましいことが起こる

⇒好ましい結果を求めて

また同じような行動を繰り返す


(例)

友人に誘われて初めて釣りに行った

沢山釣れて、釣りたての魚を

食べたらすごく美味しかった!



<パターン2>

行動した結果、嫌なことが起こった

⇒嫌な結果が起こらないように

その行動を繰り返すのをやめる


(例)

友人に誘われて初めて釣りに行った

一匹も釣れない、おまけに大雨で

ずぶ濡れになり風邪をひいてしまった



<パターン3>

行動した結果、嫌なことがなくなった

⇒嫌なことがなくなるという

好ましい結果を求めて

また同じような行動を繰り返す


(例)

ひどい頭痛だったので、頭痛薬を飲んだ

頭痛が一気に治まり気分がすっきりした


<パターン4>

行動した結果、好ましいことがなくなった

⇒好ましいことがなくなるという

嫌な結果が起こらないように

その行動を繰り返すのをやめる


(例)

友人に誘われて競馬に行った

全然勝てずに、給料の半分を失ってしまった




人は好ましいことが起こるか

嫌なことがなくなると

またその行動をとろうとする。

(パターン1、3)


逆に、

好ましいことがなくなるか

嫌なことが起こると

その行動をやめてしまう。

(パターン2、4)



つまり

『行動しない』人が

『行動する』人になるには、

パターン1か3になるようにすればいい

ということ。



例えばこういうケースで考えてみましょう。

これは、パターン2の嫌なことが発生して

行動をやめてしまうケースです。



あなたが忙しそうにしていた。

Cさんは、あなたが忙しそうだから

やめた方がいいかとは思いつつ

大事な案件なのですぐに相談すべきだと考え

そして、あなたに相談しに行った


そしたら、あなたはついつい

「今忙しいんだ

見てわからないのか!

空気を読んでくれよな・・・」

と嫌そうに言ってしまった。


その結果、Cさんはその後、

あなたに相談しなくなってしまった。



相談しなくなったCさんに

相談してもらうにはどうすればいいの

でしょうか?


少し考えてみて下さい。



『相談する』という行動の

前後『きっかけ』と『結果』に

着目し、そこを変えるのです。



先ず、『きっかけ』の部分で変えられること

は何かないでしょうか?



例えば、


相談はあとにして欲しい時は

机の上に

『今集中したいので相談はあとにしてください』

という札を置いておく決まりにして

Cさんに周知しておくなど


当然、その前にCさんには、以前怒ったことは

素直に謝っておくべきです。



そうやって『きっかけ』で

行動を起こしやすくできる対策はないか

他にも考えてみる。



そして、その次に考えるのが

『結果』を変える

という対応です。



例えば、

Cさんが相談してきたら


「相談してくれると、

早目に軌道修正もできるし

助かるよ。ありがとうね」


感謝の言葉をきちんと述べるなど



他にも、笑顔で対応するなど、

Cさんにとって『好ましい結果』

を生んであげればいいのです。



こんな風に、行動を促進しやすい

きっかけづくりと

好ましい結果を生むことで、

Cさんの相談するという行動を

繰り返しやすくしてあげればいいのです。




ということで、

行動の前後の『きっかけ』と『結果』

に注目するやり方をご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?



私たちはついつい他人の

内面や資質のせいにしがちですが、

そこを責めていても

何も解決はしません。



それよりもこうやって人の行動を

分析してみると、何か問題解決の

ヒントになると思いませんか?




もう少し詳しくお知りになりたい方は

ご相談いただければ対応します。



ご参考になれば幸いです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<今日のありがとう>

本当は面と向かって伝えたい

でも中々言えない自分がいます

だからこの場を借りて少し...

=================


先日、飲み会があり、久しぶりに

電車で豊田市まで行きました。


うちから豊田市に行くには

リニモから愛知環状鉄道に

乗り継がなければなりません。



昔は毎日にように利用させて

もらっていたリニモと愛環


久しぶりに乗ると、昔のことが

色々と思いだされとても

懐かしい気持ちになりました。



帰りには、愛環で何かトラブルが起きて

途中いくつかの駅で対抗列車との

すれ違いのために待たされました。


その待っている間も色々な記憶が

蘇ってきました。


そう言えば、冬は寒いのに

ドアを開けて待つのですごく冷気が

入って来て嫌だったなあとか。


そして、夏は夏で、開けっ放しで

でかい虫が入って飛び回っている。


そういうのが昔は

嫌だったなあなんてことを。。



よく考えれば、あの頃、毎日

自分はこの電車にお世話になって

いたんだなあというのを

しみじみ感じていました。



ということで、

今回は、愛環とリニモに感謝です。



「いつも自分を運んでくれて

ありがとうございました!


たくさんお世話になりました!


感謝です!


これからも沢山の人を

運んで行ってください!」




最後までお読みいただき

ありがとうございました。


今日も素敵な一日になりますように!





◆読者からの励ましの声が、

何よりもエネルギーになります。

 あなたからの感想・コメント、

お待ちしています。

 お気軽に、コメントください




【本メルマガについて】


このメルマガは、


・働く人のヤル気であふれ

活き活きと働ける職場を作りたい


・働く人が持てる能力をフルに発揮しながら

成長してもらいたい


・成り行きではなく明確なビジョンを

持って、経営を進めたい


・経営者と従業員がそのビジョンに向かって

一体となって進んでいきたい


・仕事を通じて世の中に貢献したい


そんな中小企業経営者の皆さまや

企業経営に関わる方々にお役に立てれば

という想いで発行しています。




このメルマガでは、

自分自身のサラリーマン時代の経験や

実際のコンサル現場での経験などから、

日々感じたことを情報発信

させていただきます。


その中で、ワクワクドキドキ心動かす

企業・お店づくりのヒントを提供しながら、

お役に立ちたい。


そして自分自身も一緒に豊かな人生を

目指して成長していきたいと考えています。


メルマガへの想い詳細はこちら




◆フェリーゼス経営理念◆

ワクワクドキドキ、

働く人の人生を豊かにする

コンサルティング


◇フェリーゼスミッション◇

経営者と従業員が、

毎日会社に行くのが楽しみで仕方がない

ワクワクドキドキで一杯の

中小企業づくりをサポートします!


ご興味ある方、詳細はこちら



【公式サイト】


【個人Facebook】


【公式ブログ】

(過去のメルマガもアップしています)


***************************************

心動かす企業経営

【発行元】フェリーゼス経営支援事務所

【発行責任者】金本 淳

経済産業大臣登録 中小企業診断士

豊田市働き方改革アドバイザー・講師

【住所】

〒480-1161愛知県長久手市荒田1-1-718

【お問い合わせ】 info@feli-zes.biz

=========================


Comments


本ブログは、毎週、火曜、金曜に

メルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

bottom of page