top of page
  • 執筆者の写真金本 淳

人が育つ目標設定のやり方


(長久手杁ヶ池公園)

皆様に幸運が訪れますように!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

心動かす企業経営 vol.408

=================


<人が育つ目標設定のやり方>



おはようございます。


フェリーゼス経営支援事務所の

金本淳(かねもとあつし)です。




経営者さんにヒアリングすると、

よく出てくるお困りごとが

「人材が育っていない」

ということです。


実際、人が育たないというのは、

多くの中小企業が抱えている

トップ3に入る悩みではないかと思います。


そして、その理由をお聞きしてみると、

こんな理由が多いようです。



人を育てられる人がいない

どう育てたらいいかわからない

育てようとしたが上手くいかなかった

育てている時間がない


など



結局、やろうと思っても

こういった様々な理由でできず仕舞に

なってしまっている。



本当は、従業員自らが高い意識を持って、

自己啓発や普段の仕事を通して、

自ら成長していってくれればいいのですが、

現実はなかなかそうはいきません。



やはり、人を育てるには、

育てるためのアクションを

企業側がとらないといけない

と思うのです。


ではどんな動きをすればいいのか?



私が個人的に思うのは、

ありきたりなのですが、やはり

育てるための「目標」

というものが必要だと思うのです。


ただ、目標と言っても

ガチガチの目標ではありません。


目標と言うと何か

かしこまって堅苦しいもののように

思えますが、決してそんなものでは

ありません。



というのも、

人は、生きていく中で

知らず知らずのうちに

目標らしきものを無意識のうちに

立てながら、成長していっていると

思うからです。


答えは簡単、それと同じように

やるだけでいいのです。




例えば、

水泳(泳ぎ方を覚える)のケースで

考えてみましょう。



誰だって最初からいきなり

スイスイ泳げる人はいません。


泳げるようになるという目標を

暗に掲げ、そしてその目標に向けス

テップを踏んで進んでいくのだと

思うのです。



人によって、泳ぎ方の覚え方は

色々だとは思います。


でも、最初は水に慣れることから

スタートでしょう。


最初は、家庭用子供プールの

水遊びからかもしれません。


小児用プールの浅いところかもしれません。


そうやって水になれる。


そして、次に顔を水につける練習、

水の中で目を開ける練習、

バタ足の練習


さらに次はビート版などの浮き輪を使って、

顔をあげたままバタ足で進む練習


それができたら今度は顔をつけて

息継ぎの練習


その後、ビート版で顔をつけて進む練習


さらに息継ぎをつける練習・・・


といった感じでひとつずつステップを踏む。


そして最終的には泳げるようになる

と思うのです。



人が何かを覚えるのは、

すべてこういったひとつひとつの

細かいステップを必ず

経ているはずなのです。



それを仕事でも同じようにやる。


つまり、「目指す姿=最終目標」

そしてそれに向けた「ステップ=短期目標」

を踏んで進めていくということ。



やはり大事なのは、先ずは

どうなって欲しいのか

という具体的なイメージ=目指す姿

がないといけません。


漠然と人が成長する、育つと言っても、

企業によって、またどんな立場なのか、

どんな仕事をしているのか、

その人によっても、変わってきます。



管理職なら、管理職として求められる姿が

ありますし、営業なら営業、

製造なら製造に必要な技術やノウハウが

あります。


また、入社1年目、5年目など経験に

よっても違うと思います。



例えば、入社10年目の営業リーダーの

ケースです。


求められる資質や能力、知識は

以下4つだと仮定します。



・メンバーにアドバイスを出来る営業ノウハウ

・メンバーをやる気にさせる能力

・物事を適切に伝えるプレゼン能力

・円滑な関係性を築くコミュニケーション能力


考えると他にも色々あると思いますが、

あまり高望みしすぎてもきりが

ありませんので最低限必要なものを

洗い出すとします。



そして、その人の現状と比較して、

一番、優先度の高いものから

手を付けていけばいいと思います。



ただ、いきなり理想形を実現しろと

最終目標だけ提示されても

従業員の方も困るでしょう。


そこで、洗い出したものをいくつかの

具体的なステップに分けて、

最終目標に到達するための筋道を

一緒に考えてあげるのです。



例えば、3つ目のプレゼン能力で

考えてみましょう。


ステップ1

・プレゼンに関する本を3冊読む


ステップ2

・読んだ内容を人に説明できるように

まとめる


ステップ3

・上司や部下を集めた勉強会で

内容をプレゼンしてもらう


ステップ4

・違うテーマ(例:やる気)に関して

ステップ1-3をやってみる



プレゼン能力を磨けと言われても、

具体的に何をやったら良いかわかりません。


だから、実際に能力を磨くために、

とるべきステップをこんな風に

明確にしてみるのです。


それを上司と部下で話し合って決めて

実行する。


もちろんいつまでにやるという期限も

設定する必要があります。




よく

「目標を設定して、フォローしましょう」

と企業さんで提案すると、


「目標なんて設定してもできない」

と言われることがあります。


多分それは、目標というのを

難しく考えすぎているから、

或いは

曖昧な目標を設定してしまうからだと

思うのです。



例えば、目標と言うと、

売上を上げるとか、

不具合をなくす

などといったものが、経営者の方々の頭には

すぐに浮かんでくるようです。


いきなり従業員に売上を上げろと言っても、

出来るわけないという風になってしまう。



だから、いきなりそこに行くのではなく、

売上をあげるために具体的に何をするのか?

を考える。


つまり、従業員のレベルに応じて適切な

最終目標(目指す姿)

短期目標(ステップ)に

分解していけばいいのです。



例えば、会社として売上をあげるためには、

個人の営業力を強化する必要があります。


営業力強化には、先ずは自社商品の強みを

よく理解する必要があります。


だから、先ずは自社商品・サービスの

強みや特徴を見える化する。


次にそれをスラスラと説明できるように

練習する。


さらに、お客さんとの営業トークの

スキル磨くために、

上司とロールプレイイングする。


こんな風に、

実際にやることをステップとして

設定していく。



その時に大事なのは、


具体的にやる人が実行できるステップに

落とし込むこと、

そして

そのステップを実行すれば

目標に近づいていけること


です。



目標制度を取り入れても多くの企業で

うまく進められないのは、

このステップに落とし込むという作業が

欠けている、

もしくは弱いからだと思います。



やれない曖昧な目標を掲げるのではなく、

目標に近づいていける実現可能な

ステップ目標を間にいくつか設定してあげる。


そうすれば、確実に人は育っていくと

私は思っていますが、いかがでしょうか?



ご参考になれば幸いです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<今日のありがとう>

本当は面と向かって伝えたい

でも中々言えない自分がいます

だからこの場を借りて少し...

=================


先週くらいから急に暖かくなってきました。


サクラの開花も今年は例年より早そうで

いよいよ春の訪れという感じですね。



寒い冬もそれはそれでいいですが、

冬が終わり、暖かくなってくると、

何か心も体もワクワクしてきます。


寒い冬があるから暖かい春の有難味が

より一層際立ってくるのでしょうね。



日本には明確な四季があり、

それぞれの季節がそれぞれの趣を

持っている。


季節ごとに色々なイベントも楽しめますし

四季があると得した気がします。



ということで、今日は春の気配、

そして日本の四季に感謝です。


「ありがとう!」




最後までお読みいただき

ありがとうございました。


今日も素敵な一日になりますように!





◆読者からの励ましの声が、

何よりもエネルギーになります。

 あなたからの感想・コメント、

お待ちしています。

 お気軽に、コメントください

info@feli-zes.biz




【本メルマガについて】


このメルマガは、


・働く人のヤル気であふれ

活き活きと働ける職場を作りたい


・働く人が持てる能力をフルに発揮しながら

成長してもらいたい


・成り行きではなく明確なビジョンを

持って、経営を進めたい


・経営者と従業員がそのビジョンに向かって

一体となって進んでいきたい


・仕事を通じて世の中に貢献したい


そんな中小企業経営者の皆さまや

企業経営に関わる方々にお役に立てれば

という想いで発行しています。




このメルマガでは、

自分自身のサラリーマン時代の経験や

実際のコンサル現場での経験などから、

日々感じたことを情報発信

させていただきます。


その中で、ワクワクドキドキ心動かす

企業・お店づくりのヒントを提供しながら、

お役に立ちたい。


そして自分自身も一緒に豊かな人生を

目指して成長していきたいと考えています。


メルマガへの想い詳細はこちら

https://www.felizes.biz/mailmagazine




◆フェリーゼス経営理念◆

ワクワクドキドキ、

働く人の人生を豊かにする

コンサルティング


◇フェリーゼスミッション◇

経営者と従業員が、

毎日会社に行くのが楽しみで仕方がない

ワクワクドキドキで一杯の

中小企業づくりをサポートします!


ご興味ある方、詳細はこちら

https://www.felizes.biz/aboutus



【公式サイト】

https://www.felizes.biz/


【個人Facebook】

https://www.facebook.com/atsushi.kanemoto.9


【公式ブログ】

https://www.felizes.biz/blog

(過去のメルマガもアップしています)


***************************************

心動かす企業経営

【発行元】フェリーゼス経営支援事務所

【発行責任者】金本 淳

経済産業大臣登録 中小企業診断士

豊田市働き方改革アドバイザー・講師

【住所】

〒480-1161愛知県長久手市荒田1-1-718

【お問い合わせ】 info@feli-zes.biz

=========================



Comments


本ブログは、毎週、火曜、金曜に

メルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

bottom of page