top of page
  • 執筆者の写真金本 淳

市場の環境変化は自分で作り出せ!


(2016年12月 USJ)

皆様に幸運が訪れますように!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

心動かす企業経営 vol.390

=================


<市場の環境変化は自分で作り出せ!>



おはようございます。


フェリーゼス経営支援事務所の

金本淳(かねもとあつし)です。




皆さんはケーキって好きですか?


私は大好きです!



以前、スイーツの廃棄を減らすために、

作り手、売り手が工夫して取組みを

行っているという新聞記事を読みました。


その記事を読んでいて

昔のことを思い出しました。


そういえば、昔、私の姉が近所の

ケーキ屋さんでバイトをしていて、

賞味期限が切れるケーキをよくもらって

帰ってきていたなあということ。


私は単純にケーキが食べれて

嬉しかったですが、売れ残りを無くしたい

というのは今も昔も企業の切実な悩み

だということですよね。



ちなみに、日本の食品廃棄量は

年間1600万トン以上で、そのうち

食べられるのに廃棄している食品ロスの

量は522万トンだそうです。


WFP(国連世界食糧計画)が世界中で

援助する420万トンよりも100万トンも

多い量の食品ロスが発生している。


正式に食品ロスを政府が測定しだした

2014年からは減少傾向には

あるそうですが、まだまだロスは多い

ということなのでしょう。



話は戻りますが、新聞記事の中で、

フランス伝統菓子であるカヌレを

売っているお店の話が紹介されていました。


ご存じの通り、街のケーキ屋さんでは、

普通はカヌレなど洋菓子をショーケースに

並べて販売しています。


でもそのお店のショーケースには

サンプル品が飾られているそうです。



お客さんが注文すると、

冷凍の商品を渡します。


購入後1時間で丁度食べごろになり、

風味や食感は出来立てと変わらないとのこと。


カヌレは通常賞味期限は3日ですが、

冷凍にすることにより1か月以上

もつそうです。


これにより、大幅なロス削減に

なっているとのこと。



私のイメージでは、ケーキなどの洋菓子は

やはりショーケースに飾られた、

生のものというのがあります。


そして、冷凍と聞くとどうしても、

出来立てのものと比べ美味しくないのでは?

という思い込みがあり、

少し抵抗感を感じてしまいます。


だから正直、冷凍のケーキって

買いたくないなあというのが

これまでの印象です。



そこで、「冷凍ケーキってどうなのか?」

というのを少しネットで調べてみました。


見ると実際に購入して試してみた人の

記事がたくさんあります。


それによると、きちんと決められた通りに

解凍すれば殆どのケーキでは遜色なし

との意見が多い。


ただ、ガトーショコラ系だけは、

どろっとする食感に上手くならない

というような意見がありました。



また、調べてみると、チェーン店の

ケーキ屋さんで売られているケーキは

実は殆どが冷凍したものを解凍して

販売しているとのこと。


私は出来たものが毎日配送されている

とばかり思いこんでいたので

これには少し驚きました。


でも自分が知らないだけだったんですね。


そして、こういう事実を知れば、

冷凍ケーキって別に悪くないんだなあ

と思うように少しなりました。




こういった一連の冷凍ケーキの記事を

読んでいて思ったことがあります。


それは、自分達の固定概念というのが、

商売にも大きく影響しているということ



ケーキの場合は

「ケーキは生がいい」というのが

買い手側、売り手側双方にあります。


だから、冷凍ケーキと聞くと、

「ちょっとどうかなあ??」

と言う風に思ってしまう。



でもこれが、

「ケーキは生じゃなくてもいい」

「ケーキは冷凍でもOK」

という考え方が一般的になれば

どうでしょう?


ケーキ屋さんという商売の概念が

売り方、働き方含めて大きく

変わりますよね。



企業側としては、冷凍にすれば廃棄ロスを

大幅に減らせ、コスト削減にもなります。


また、これまで売り切れで発生していた

機会損失も無くすことができます。


ケーキを朝早くから仕込んで

毎日作る必要もなくなります。


さらに、やろうと思えば全国に市場を

広げる事も可能になります。



ただ、冷凍ケーキの場合だと、

おいしさをクリアしても、

ひとつ問題が残ります。


それは解凍に時間がかかるということ。


先程のカヌレは1時間で食べごろなので

待てる範囲ですが、調べてみると、

通常のホールケーキなどは

8時間くらい解凍にかかるようです。


誕生日会用のケーキなら計画的に解凍の

時間も考慮できます。


でも、家に帰ってすぐに食べたい

ということも多いですよね。


また手土産用にケーキを持って行きたい

と言う時には、8時間解凍にかかる

となると、難しいかもしれません。



まあこれは、ケーキ屋さんも、

用途によって冷凍と生を使い分けて

販売すればいいのかなあということ。


それから、一般家庭でも30分とか

1時間で解凍する手段をもし簡単に

ケーキ屋さん自らが提供できれば、

すごいですよね。


どうも電子レンジにある解凍機能では

上手くいかないようなので、

例えば、ケーキ専用解凍機をケーキ屋が

開発し安く提供できれば面白いですよね。


多分今の技術をもってすれば開発自体は

そんなに難しいことではないような?

そんな気がします。



こんな風に考えると

もしかしたら、将来、

「冷凍ケーキ専門店」

というものが出現し、

それがもっと先にはケーキ屋として

定番になる?


そんな時代が来るのではないかと少し

感じてしまいました。




ということで、

少し話は広がってしまいましたが、私が

言いたいのは、自分達の商売の当たり前

を今一度、疑ってみることの大切さです。


そして、受動的に世の中の環境変化を

受けるのではなく、自分達に都合のいいように

環境変化を生み出すことができないか?

ということ。



普段、皆さんの会社、あるいは業界として

当たり前に行っている商習慣って

ありますよね。


でもちょっと見方を変えてみると、

これって変えられたらいいのになあ

ということってありませんか?


それでムダを省いて、取引先に、

そして自分達にメリットを出せる。


ただ、えてしてそういうものは

自社単独でできない、

取引先も巻き込んで進めないとできない

というものも多い気がします。


だから、そういったものは、面倒なので

これまで手を付けていないということも

あるのではないでしょうか?



現状維持というのも経営の一つの選択です。


でもそれだけでは環境変化に翻弄される

だけの経営になってしまうリスクも

あるような気もします。


守るところは守り、見直すところは

どんどん見直す。


そして、環境変化を自分たちで

ひき起こしながら進化していく



経営というのは本来そういうもの

なのではないかなあと

ケーキ屋さんの話を見ながら、

考えたのでした。



ご参考になれば幸いです




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<今日のありがとう>

本当は面と向かって伝えたい

でも中々言えない自分がいます

=================


土曜日にスポーツジムに行っていた時の

ことです。


体幹を鍛えるレッスンに出ていたのですが、

身体をひねった時に、背中のスジに

違和感を覚えました。


そこまで痛くはなかったのですが、

家に帰ってゆっくりしていると

段々痛くなってきました。



シップ等で手当てして、次の日起きると

痛みはかなりやわらいでいました。


だから大丈夫だろうと思い次の日の日曜日も

またジムに行きました。


そうすると、今度は、別のレッスンで

ふくらはぎを痛めてしまいました。



段々、歳を重ねてくると、

ちょっとしたことで、負傷することが

多くなってきました。


今回も最初の背中の痛みが、

「無理するな!休め!」という

何かのメッセージだったのかなあなんて

後から思いました。


そして、若い時は、健康っていうものは

当たり前のように思っていましたが、

そうではないのだなあと。


歳をとればとるほど

健康のありがたさ、そして毎日頑張って

くれている自分の身体のありがたさが

身にしみるようになってきました。



ということで、今回はあらためて

普段の健康、頑張ってくれている

自分の身体に感謝です。


「ありがとうございます!」





最後までお読みいただき

ありがとうございました。


今日も素敵な一日になりますように!





◆皆様からの励ましの声が、

何よりもエネルギーになります。

 あなたからの感想・コメント、

お待ちしています。

 お気軽に、コメントください

info@feli-zes.biz




【本メルマガについて】


このメルマガは、


・企業活動を通じて、

企業・経営者・従業員、それぞれが成長し

物理的にも精神的にも豊かになりたい


・働く人のヤル気であふれ

活き活きと働ける職場を作りたい


・働く人が持てる能力をフルに発揮しながら

成長してもらいたい


・成り行きではなく明確なビジョンを

持って、経営を進めたい


・経営者と従業員がそのビジョンに向かって

一体となって進んでいきたい


・仕事を通じて世の中に貢献したい


そんな中小企業経営者の皆さまや

企業経営に関わる方々にお役に立てれば

という想いで発行しています。




このメルマガでは、

自分自身のサラリーマン時代の経験や

実際のコンサル現場での経験などから、

日々感じたことを情報発信

させていただきます。


その中で、ワクワクドキドキ心動かす

企業・お店づくりのヒントを提供しながら、

企業、そしてそこで働く経営者・従業員

それぞれの成長に貢献したい。


そして自分自身も一緒に豊かな人生を

目指して成長していきたいと考えています。


メルマガへの想い詳細はこちら

https://www.felizes.biz/mailmagazine




◆フェリーゼス経営理念◆

ワクワクドキドキ、

働く人の人生を豊かにする

コンサルティング


◇フェリーゼスミッション◇

経営者と従業員が、

毎日会社に行くのが楽しみで仕方がない

ワクワクドキドキで一杯の

中小企業づくりを全力でサポートします!


ご興味ある方、詳細はこちら

https://www.felizes.biz/aboutus



【公式サイト】

https://www.felizes.biz/


【個人Facebook】

https://www.facebook.com/atsushi.kanemoto.9


【公式ブログ】

https://www.felizes.biz/blog

(過去のメルマガもアップしています)


***************************************

心動かす企業経営

【発行元】フェリーゼス経営支援事務所

【発行責任者】金本 淳

経済産業大臣登録 中小企業診断士

豊田市働き方改革アドバイザー・講師

【住所】

〒480-1161愛知県長久手市荒田1-1-718

【お問い合わせ】 info@feli-zes.biz

=========================


最新記事

すべて表示

Comments


本ブログは、毎週、火曜、金曜に

メルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

bottom of page