top of page
  • 執筆者の写真金本 淳

ひと手間のスパイスはハッピーのもと


(2023年1月 星ヶ丘マメゾン) 皆様に幸運が訪れますように!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

心動かす企業経営 vol.401

=================


<ひと手間のスパイスはハッピーのもと>



おはようございます。


フェリーゼス経営支援事務所の

金本淳(かねもとあつし)です。




先回、告知させていただきましたが、

今回401号からは週一の配信になります。


週一になっても、これまで同様

全力で頑張っていきますので

引き続きよろしくお願いいたします。




さて、早速ですが今回も気合入れて

書いていきたいと思います!




先日、家族で食事に行きました。


私の誕生日のお祝いということで

妻が思い出の洋食屋さんを

予約してくれました。



予約した際に、お店の方から

こんな質問があったそうです。

「何かの記念日ですか?」


そして、

「誕生日のお祝いなんです」

と答えると、


「お祝いのデザートをご用意をします。

何かメッセージありますか?」

みたいなことを聞いてくださったそうです。



こちらから何も言っていません。


でも予約した際に、お店の方から

気を利かして、

「特別な日のお祝いなのか?」

ということを聞いてきてくれた。


そこがちょっと憎いですよね。



普段から、

「誕生日などの記念日にはデザートを

サービスします」

と宣伝しておくというのも、

ひとつのサービスのやり方だと思います。


でも予約した際に尋ねられたほうが

効果が大きいと思うのです。



誕生日月は10%オフとか、

デザートプレゼントとかありますとか

大々的に宣伝していると、最初から

それが当たり前という前提で人って物事を

考えてしまうからです。



今回の場合は、最初からそういうことを

期待していなかったから、

そのお店の株がひとつもふたつも

私たちの中で上がりました。



そして、当日、食事が終わった後に、

ちょっとしたデザートが運ばれてきました。


30センチ四方の四角いお皿に、

「パパお誕生日おめでとう」

というメッセージなどが綺麗に

デコレーションされていました。


そこまでコストがかかっている訳では

ないでしょうが、それを作るお店側の

手間というのはやはり感じられました。



今回の場合はサプライズではなく、事前に

私もデザートのことは聞いていました。


そのため突然のサプライズで感動!

ということはなかったです。


ただ、やはりお店がそうやって

サービスしてくれるということに対しては、

実際、非常に嬉しい気持ちが

湧きあがりました。




今回思ったのは、ちょっとした

「ひと手間の大切さ」です。



人は自分たちの為に誰かがわざわざ

ひと手間かけてくれるということに

対して、すごく好意をいただくもの

なのだなあということです。



今回の予約の場合で考えてみましょう。


普通、私たちがお店の予約をする際には、

別に特別なことは望みません。


若いカップルなどで彼女のために

何か特別な演出がしたい

という場合は別でしょう。


ただ、そういった場合を除けば、文字通り、

席の予約させしてもらえばOK

と考えるのが普通でしょう。



ですから、お店側としても、

特にお客さんのほうから要望がない限り、

お客様の希望の日時に席を確保しさえすれば

事足りる訳です。


それが普通のお店のやり方です。



また、今回、たまたま誕生日では

ありましたが、私たちからすると、

歳も歳ですし、何かお店のほうに

特別な演出をして欲しいとは

期待していません。


普通に、そこでおいしく快適な食事を

させていただければそれで満足なのです。



でもそこを普通で終わらせずに

ひと手間かける。


そこにそのお店の良さがあったのです。




やはり、ちょっとしたことでも

「わざわざ自分のために何かしてくれる」

ということに心を動かされる。


私たち人間はそういう生き物

なんでしょうね。



普段の仕事でも、私生活でも、

人と人とのコミュニケーションの際に

何かスパイスのようなひと手間かける。


そういったことは非常に大事だなあと。


それだけで、

人ってハッピーになったり、

元気になったり、

できるものなんですよね。



そして、その誰かのための

「ひと手間のスパイス」

というのは、別に大したことじゃなくても

構わないのです。


ちょっとした言葉をかけるだけでも

いいのです。



例えば、

お客さんや取引先に対しては

「料理はいかがでしたか?」

「気になるようなことはなかったですか?」

「購入頂いたうちの製品の調子は

どうですか?」

など


経営者の方だったら、従業員の方達に

「何か困っていることはないですか?」


残業してたら、

「いつも遅くまで頑張ってくれて

ありがとうございます。助かります」

とか、


誰かが忙しそうにしてたら

「何か手伝いましょうか」とか


そんなちょっとした気遣いの言葉です。



まさにそういうのが、

今お話しているひと手間なんだと

思うのです。



別に言わなくても構わない。


何も問題は起こらない。


でもそこでひと言あるだけで

元気になれる人がいたりする訳です。




私自身がじゃあ周りの人すべてに

そういうことができているかと問われると、

出来ていませんと答えるしかありません。


でも、そういうことを自然体で

さらっと出来る人になりたいです。



まだまだ、道半ばですが、

自分自身がそんな風に

どんどんなっていけるように

していきたいなあと思っています。



もちろん、そこには、

言葉で人を巧みに操ってやろう

というような邪心があってはいけないと

思います。


本当に、相手のことを気遣える優しさから

出てくるものが必要なのだと思います。


そのためには、もっともっと

自分の人間性を磨き、

自分の器を大きくしていかないと

いけないなと思っています。



また、そこまで大袈裟に

考えなくてもいいのかもしれません。


普段、誰しも優しい気持ちは

持っていると思うのです。


ただ、それを中々口に出したり、

行動で示したりというのが、さらっと

出来る人が少ないだけなのかもしれません。


だから、みんなが意識しさえすれば、

これまでは言えなかったひと手間の

スパイスが出てくるのかもしれませんね。



いずれにしても、

みんながそういう気持ちで人に

接することが出来れば、

いい会社になるし、

いい世の中になると思います。



そんなの理想にすぎない

と言われるかもしれません。


でも自分から変わっていけば、

周りに多少なりとも影響を与えて

いけるのではないかと思うのです。




企業として何ができるか?

個人として何ができるか、

経営者として、

上司として

親として、

子として

友達として、

など


一人の人は、職場で、家庭で、社会で

色々な顔を持っていると思うのです。


その中で、かかわる人に対して、

いつも何か素敵なスパイスをきかせてみる。


そんなひと手間をかけるという意識を

持って皆が働ける。


そんな人がたくさん生まれるような

企業づくりを応援できたら嬉しい

と私は思っています。




ご参考になれば幸いです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<今日のありがとう>

本当は面と向かって伝えたい

でも中々言えない自分がいます

=================


今回は上でご紹介させていただいた

お店に感謝です。


このお店は、結婚する前に

妻と何度か食事に行った

思い出の場所です。



星ヶ丘にある洋食屋さんマ・メゾンさん


今は、多店舗展開され、海外含め

色々なところにトンカツ店など

いくつかの業態で出店されています。



でも昔は星ヶ丘にしか恐らくなかったと

思います。


だから、昔はいつも混んでいて

並んで待つというのが普通の状態でした。



社会人になって数年の頃で

学生の時とは違い、少しお金を出して

美味しいものを食べに行けるように

なっていました。


学生の頃はこじゃれたお店に

行くこともなかったので

マ・メゾンさんみたいなところで

食事を出来るのが嬉しかったのを

覚えています。



結婚してから星ヶ丘店には

ずっと行っていなかった

のですが、他のマメゾンさんとは

ちょっと違う

かなり落ち着いたたたずまいの

お店は懐かしくとてもいいもの

です。


そして、昔懐かしの料理も堪能でき、

いい時間を過ごすことができました。


「感謝です!」


そして


「素敵な時間を

ありがとうございました!」


「飲食店はまだまだ大変でしょうが

いつまでも美味しい料理を提供

し続けてください」




最後までお読みいただき

ありがとうございました。


今日も素敵な一日になりますように!





◆皆様からの励ましの声が、

何よりもエネルギーになります。

 あなたからの感想・コメント、

お待ちしています。

 お気軽に、コメントください

info@feli-zes.biz




【本メルマガについて】


このメルマガは、


・企業活動を通じて、

企業・経営者・従業員、それぞれが成長し

物理的にも精神的にも豊かになりたい


・働く人のヤル気であふれ

活き活きと働ける職場を作りたい


・働く人が持てる能力をフルに発揮しながら

成長してもらいたい


・成り行きではなく明確なビジョンを

持って、経営を進めたい


・経営者と従業員がそのビジョンに向かって

一体となって進んでいきたい


・仕事を通じて世の中に貢献したい


そんな中小企業経営者の皆さまや

企業経営に関わる方々にお役に立てれば

という想いで発行しています。




このメルマガでは、

自分自身のサラリーマン時代の経験や

実際のコンサル現場での経験などから、

日々感じたことを情報発信

させていただきます。


その中で、ワクワクドキドキ心動かす

企業・お店づくりのヒントを提供しながら、

企業、そしてそこで働く経営者・従業員

それぞれの成長に貢献したい。


そして自分自身も一緒に豊かな人生を

目指して成長していきたいと考えています。


メルマガへの想い詳細はこちら

https://www.felizes.biz/mailmagazine




◆フェリーゼス経営理念◆

ワクワクドキドキ、

働く人の人生を豊かにする

コンサルティング


◇フェリーゼスミッション◇

経営者と従業員が、

毎日会社に行くのが楽しみで仕方がない

ワクワクドキドキで一杯の

中小企業づくりを全力でサポートします!


ご興味ある方、詳細はこちら

https://www.felizes.biz/aboutus



【公式サイト】

https://www.felizes.biz/


【個人Facebook】

https://www.facebook.com/atsushi.kanemoto.9


【公式ブログ】

https://www.felizes.biz/blog

(過去のメルマガもアップしています)


***************************************

心動かす企業経営

【発行元】フェリーゼス経営支援事務所

【発行責任者】金本 淳

経済産業大臣登録 中小企業診断士

豊田市働き方改革アドバイザー・講師

【住所】

〒480-1161愛知県長久手市荒田1-1-718

【お問い合わせ】 info@feli-zes.biz

=========================



Comentários


本ブログは、毎週、火曜、金曜に

メルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

bottom of page