top of page
  • フェリーゼス 金本淳

話しを聞いている時のあなたの状態はどっち?


話しを聞いている時の人の状態

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

心動かす企業経営 vol. 16

===================

<話を聞いている時のあなたの状態はどっち?>

おはようございます。

フェリーゼス経営支援事務所の

金本淳(かねもとあつし)です。

今、確定申告の時期ですね。

私も先日ようやく確定申告終わりました。

私は会計ソフトで数字を管理しています。

それでも確定申告には結構な時間をとられます。

でも考えてみれば、昔はパソコンも

なかったので今の何倍も

大変だったんだろうなと思います。

まあその分、税理士さんの腕の見せ所

でもあったんだと思いますが。。。

これももう何年かすると、

自分の手を煩わせなくても

売上や経費の管理、決算書の作成など全て

自動でやってくれる。

そんな時代が来るんでしょうね。

ということで

本日もよろしくお願いします。

先回、「聞き方」について5つの

パターンがあることをお話し

させていただきました。

今回もその関連で、話を聞く場面での

「人の状態」についてです。

これもある本に書いてあったんですが、

人が話を聞くときの状態には

2つあると言うんです。

「反応」と「選択」 です。

人は話を聞いている時、

「反応」している状態

「選択」している状態

という2つの状態の

どちらかになっているらしいです。

私たちは、緊急事態や

予期せぬ事態に遭遇すると

冷静さを保つ糸がプツンと切れてしまう

ことがあるとのこと。

そしてつい感情的になったり、頭の中が

真っ白な思考停止状態になったりする。

この状態が「反応」です。

一方「選択」とは、冷静に、自分の行動を

自らの意思で選択できる状態です。

例えば、こんなケース。あなたは社長です。

マネージャー:

「社長、お言葉ですが、社長のこの前の

Aさんへの対応、ちょっとマズかったんじゃ

ないかと思うんですが。。。」

社長:

「そうかあ、マズかったなあ。

具体的にはどういうところがマズかった?

ちょっと俺もあの時は冷静さを

失っていたんでわからなかったが、

教えてくれないか?」

これは「選択」です。

内心は穏やかでない時もあるかも

しれませんが、でも冷静にマネージャーの

話を聞いて受け答えしています。

つまり自分の行動を冷静に

「選択」できているんです。

一方、さっきのマネージャーの話に対し、

社長:

「何偉そうなこと言ってんだ。

お前に言われたくないわ。

そういうお前はどうなんだ!

この前、Bから不満があがってたぞ。

自分のこともろくにできないくせに!

大体だな・・・・・・・」

と返してしまう。

これは「反応」です。

マネージャーに痛いところをつかれて、

つい感情的になって

「反応」してしまってる状態です。

経営者や上司がこういう

「反応」を続けていると、相手には

「しこり」がどんどんたまり続けます。

そうなると、どうなりますか?

多分、その相手は、あなたに良かれと

思って今までは話してくれていました。

でも言ったら、逆に変な反応される

だけだと考え、段々と話してくれなく

なるんではないでしょうか?

こうなると、あなたと部下の間には

段々と心の溝ができていってしまう。

そして会社のパフォーマンスは

確実に低下していきます。

そして、この「反応」、

逆のパターンもあるようです。

例えば、

最近、部下のC君が、上司である

あなたへの報連相ができていません。

そこであなたは、その状況を改善したいと

思い、C君と面談しました。

あなた:

「C君、以前はしっかり私に報告、

相談、連絡をしてくれたのに、

最近どうしたの?何かあった?」

C君

「そう言えば、最近雑務に追われ

過ぎていて、時間がとれてませんでした。

でも報連相は基本ですもんね。

これからは気をつけてしっかり報連相

させていただくようにします。」

あなた:

「そうだよな。

ずっと最近気になっていたんだけど、

わかってくれてよかったよ。

僕も若いころ、丁度君くらい時、

同じようなことがあったんだよね。

その時ぼくは・・・・・・・・」

(永遠と自身の体験談が

さらに30分くらい続く・・・)

これは一見良さそうに見えます。

でもこれも

実は「選択」でなくて

「反応」してしまっているのです。

あまりにも予想していた通りの

状況になったり、期待以上の答えが

返ってきた場合にも、

つい人は喜んで「反応」してしまう。

そういうケースです。

そして聞き手が話す主導権を自分のほうに

引き寄せ、相手のことを考えずに雄弁に

語り始めてしまう。長々と...

あるあるですね。

部下はバカではありません。

上司であるあなたが喜ぶ答えを

知っています。

どう答えたら、その場をしのげるかも

知っています。

だからこういった「反応」ばかり

続けていると、部下は心の中で

「あー、また始まったよ。」

「適当にかわしておこう」

みたいにしか思わなくなります。

そうなると、あなたは

部下の成長を助けるリーダーには

なれなくなってしまいます。

でもこういった場面で

「反応」するのではなく、

冷静に「選択」ができれば、

部下の能力をどんどん高めて

いけるようになります。

例えばこの報連相の話では、

「じゃあ具体的に雑務で忙しい中、

どんな風にすれば報連相の時間が

とれるか考えてみようか」

みたいにうまく聞き役に徹し、

質問や対話を通じ、具体的な

アクションプランに部下を導くことが

できると思います。

そうすると、あなたと部下の信頼関係も

強化され、そして会社も成長していく。

そんな風になると思いませんか?

でも「反応」ばかりを続けていると

部下は冷静に、或いは逆に感情的になって、

あなたのことを

「何を言ってもわからない奴」

「話してもムダだから、黙って言われた

ことだけやってればいいや」

というような風になってしまいます。

そうなると先程述べたように、

あなたと部下の間には溝が広がっていき、

部下は成長しない。

そして会社も成長せずに、気づいたら

業績は悪化という事態を招きかねません。

人間、売り言葉に買い言葉では

ありませんが、ついつい感情的に

反応しがちになってしまいます。

私も気をつけてはいても、

でもついうっかり冷静さを失い

「反応」してしまってる時があります。

特に家族と話をしている時には、

遠慮ないのでダイレクトに

「反応」しがちです。

そして無駄なケンカを引き起こしたり

などということがあります。

でも、そういう場合でも一歩引いて、

冷静に「選択」すれば、もっと建設的な

話し合いができるのだと思います。

あなたはどうでしょうか?

人の話を聞くとき、

うまく「選択」した状態を保てていますか?

もし、今「反応」してるな!

と思ったら、少し頭を冷やして、

ニュートラルに相手の話を聞いて

みるようにしてみて下さい。

いいことはあれども、

決して悪いことにはならないと思います。

私も決して偉そうなことは言えません。

なかなか難しいですけど、

でも気をつけたいと思いませんか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<今日のありがとう>

本当は面と向かって伝えたい

でも中々言えない自分がいます

だからこの場を借りて少し...

==================

今日は、自分のアトピー治療でお世話に

なった阪南中央病院の佐藤先生への

ありがとうです。

私は、子供の頃から

少しアレルギー体質でした。

子供の頃は、喘息がたまに出ていました。

特に、泊まりに行ったりして、

普段と環境が変わると、夜

ゼーゼーと息苦しくなったりしてました。

喘息は、小学校くらいで収まりました。

でも今度は、高校3年生くらいから大学にかけて

アトピーが出だしました。

病院に行くと、塗り薬を出され、

それを塗っているとよくなってました。

定期的に病院に行き、薬を常備しておき

アトピーが出てくると塗る。

みたいなことを30歳過ぎまで

繰り返してました。

ただ、30歳過ぎたころ、ストレスも

関係していたのか、

段々薬を塗ってもあまり

よくならないようになってきました。

そして、日に日に状態は悪化。

かなり辛い状況になってきたので

妻が、色々調べてくれました。

そして、とある評判の皮膚科に

通うようになりました。

そして、そこの先生が、脱ステロイド治療

というのがあるというのを教えてくれました。

名古屋市立大学病院の佐藤先生という方が

そういう治療をしているとのこと。

要は、これまで自分がもらっていた

薬はステロイド薬であり、

そのステロイド薬を使っていると

身体の本来持つ、自己治癒機能が

衰えていってしまう。

ステロイド薬は最初は効くけど、

その成分を作る体の機能が一方で

だんだんと働かなくなってくる。

だから、どんどん強いステロイド剤を

ぬらないと効果が出なくなってしまう。

そしてついには、強い薬でもあまり

効かなくなってしまう。

だから、ステロイドをやめて、

それを体から抜くことにより、

本来の体の治癒力を復活させる。

そういう治療方法とのことでした。

但し、薬をやめると最初はかなり強い

リバウンド症状が出るので、

相当な覚悟が大変だということでした。

ただ、もうその頃には仕事にも

集中できないくらい状態が悪かったです。

だから、しばらく会社を休んででも

治療したいと思っていたので

その佐藤先生のところを尋ねました。

そしてすぐに入院することになりました。

その時の話をすると

相当長くなるので止めますが、

とにかくリバウンドは壮絶でした。

人とは思えない姿でした。

でも3か月弱の入院+自宅療養で

かなり回復しました。

そして、その後は、全く薬いらずの

生活をできるようになりました。

ただ、これで終わらなかったのです。

それから10年ちょっと経って、

また体に異変が。

色々なことが原因していたようです。

アナフィラキーショック的な感じで、

病気が誘発されたようです。

それでまた肌が全身ボロボロになり、

佐藤先生にもまたお世話になることに。

その頃には佐藤先生は大阪の病院に

おられましたが、二度ほど

入院させてもらいました。

あの強烈な痒みと肌のボロボロ状態。

身体のあちこちから気持ち悪い浸出液が

出てきて止まらない。

これは経験した人でないとわからない

耐えられない苦しみだと思います。

でも、ようやく完治。

身体に消えない跡は残っていますが、

今度は本当に治りました。

こうして私のアトピーとの戦いは

終わったのですが、

もし佐藤先生に出会っていなかったら、

今頃はどうなっていたんだろうと思います。

本当に出会いに感謝です。

「佐藤先生、本当にありがとうございました!」

病気自体は、すごく辛い体験でした。

でも自身の闘病生活を通じて、

たくさん得ることもあり、

それが今に活きていると思います。

病気がなければ、自分勝手で

人のことを考えられない、

人にもあまり感謝出来ない、

そんな嫌な人間になっていたと思います。

それに気づかせてもらったこと。

そして何よりも

今健康で生きていけることの

幸せを感じられるようになりました。

風に当たるだけで痛くてたまらない、

痒いだけでなく、熱がずっと出て、

全然眠れない。。。

あの辛い日々のことを考えれば

どんなことも乗り越えていける

そんな風に思えるようになりました。

そういう意味では、

大嫌いなアトピーという病気にも

感謝しなくてはなりません。

「アトピー、ありがとう!」

(^_^;)

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

今日も素敵な一日になりますように!

◆読者からの励ましの声が、

何よりもエネルギーになります。

 あなたからの感想・コメント、

お待ちしています。

 お気軽に、コメントください

info@feli-zes.biz

【本メルマガについて】

このメルマガは、

・働く人のヤル気であふれ

活き活きと働ける職場を作りたい

・働く人が持てる能力をフルに発揮しながら

成長してもらいたい

・成り行きではなく明確なビジョンを

持って、経営を進めたい

・経営者と従業員がそのビジョンに向かって

一体となって進んでいきたい

・仕事を通じて世の中に貢献したい

そんな中小企業経営者の皆さまや

企業経営に関わる方々にお役に立てれば

という想いで発行しています。

このメルマガでは、

自分自身のサラリーマン時代の経験や

実際のコンサル現場での経験などから、

日々感じたことを情報発信

させていただきます。

その中で、ワクワクドキドキ心動かす

企業・お店づくりのヒントを提供しながら、

お役に立ちたい。

そして自分自身も一緒に豊かな人生を

目指して成長していきたいと考えています。

メルマガへの想い詳細はこちら

https://www.felizes.biz/mailmagazine

◆フェリーゼス経営理念◆

ワクワクドキドキ、

働く人の人生を豊かにする

コンサルティング

◇フェリーゼスミッション◇

経営者と従業員が、

毎日会社に行くのが楽しみで仕方がない

ワクワクドキドキで一杯の

中小企業づくりをサポートします!

ご興味ある方、詳細はこちら

https://www.felizes.biz/aboutus

【公式サイト】

https://www.felizes.biz/

【個人Facebook】

https://www.facebook.com/atsushi.kanemoto.9

【公式ブログ】

https://www.felizes.biz/blog

(過去のメルマガもアップしています)

*************************************************

心動かす企業経営

【発行元】フェリーゼス経営支援事務所

【発行責任者】金本 淳

経済産業大臣登録 中小企業診断士

豊田市働き方改革アドバイザー・講師

【住所】

〒480-1161愛知県長久手市荒田1-1-718

【お問い合わせ】 info@feli-zes.biz

===============================

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


本ブログは、毎週、火曜、金曜に

メルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

本ブログは、毎週、火曜、金曜にメルマガで発行しています

bottom of page